トピックス

支笏湖の6月天候・服装・支笏湖チップを支笏湖在住ガイドがご紹介!

掲載日:2024.02.16

 

みなさん、こんにちは!

 

新千歳空港から車で40分の国立公園支笏湖でカヌーツアーを一年中行っている支笏ガイドハウスかのあです!

 

北海道らしい気候になる6月の支笏湖はどういった気候でどんな服装などがよいか気になりますよね。

 

今回のコラムでは、6月の支笏湖を支笏湖在住 道産子ガイドが徹底紹介します!

支笏湖 6月の天候


 

支笏湖の天候が一番気になるポイントなのではないでしょうか。

 

東京の天候と比較して支笏湖の天候をご紹介します!

気温


 

6月になると支笏湖は、本州で言えば春の陽気かもしれません。

 

朝晩はまだ一桁の気温になることも珍ありますので、寒さ対策は気を留めておきましょう。

 

そして気温の上昇に伴い、新緑が美しい季節です。

 

【2019年6月9日撮影】

 

緑が生い茂り、支笏湖に風が出ても千歳川源流部分は森が風を遮ってくれることで穏やかなことが多いです。

 

降水量


 

支笏湖の6月は、一年の中で7番目に降水量が少ない月となります。

 

平均降水日数は、一年で1番少ない月となります。

 

本州は梅雨の時期となりますので、梅雨を避けて旅行を楽しむなら北海道がおススメです。

 

しかし、北海道には梅雨自体はありませんが、近年は環境が変化してきたのか蝦夷梅雨(えぞつゆ)という言葉もちらほら聞くようになってきました。

 

とはいえ、じめじめと湿度が高い状態というのは、北海道では稀ですので北海道旅行におススメの季節になります。

水温


 

支笏湖の水温が徐々に上がってくる季節。

 

それでも銭湯の水風呂よりもまだまだ冷たいです。

 

そのため微生物などが活動しないことによって、透明度が高いのがこの季節の特徴となります。

 

【2019年6月2日撮影】

 

また、水温が上がってくることによって魚などの水生生物たちが活発になり始める季節です。

 

 

陸上でも生き物たちが活発になるのもこの時期ならでは。

 

【2022年6月8日撮影】

6月の支笏湖での服装


ベースレイヤー :
ミッドレイヤー : Tシャツ・長袖
アウターレイヤー:  薄手のアウター
靴       : スニーカー
その他     :

 

ずいぶんと暖かくはなり始め、長袖から半袖に切り替えても大丈夫な季節になります。

 

寒いのが苦手な方は、薄手のアウターは準備しておいたら安心です。

 

6月の支笏湖 名物:支笏湖チップ(ヒメマス)の解禁


 

6月1日は「支笏湖チップ(ヒメマス)」の漁期が解禁になる日。

 

支笏湖の北側にあるポロピナイ食堂は、支笏湖チップの漁師さんがやっているご飯屋さんで、釣りたての支笏湖チップを食べることが出来ます。

 


 

支笏湖温泉街でも支笏湖チップを食べることが出来るので、6月になったらぜひとも味わっていただきたい支笏湖の名物です!

 

支笏湖チップを含めた支笏湖でのランチ情報はこちらのコラムで ↓

 

マップ付!支笏湖のおすすめランチを支笏湖在住ガイドが徹底解説!

支笏湖の1年の自然の移り変わり


 

支笏湖の1年間の天気や自然の変化を支笏ガイドハウスかのあが積み上げてきた99枚の写真で振り返ってみました。

 

こちらのコラムもご参考に!

 

99枚の写真で支笏湖の1年間の天気や自然の変化を徹底紹介!

6月の支笏湖を楽しむアクティビティ!


 

6月の支笏湖は、観光船やレンタルボート、レンタルでの釣りなどさまざまなアクティビティを楽しむことが出来ます。

 

支笏湖で楽しむことが出来るアクティビティ一覧はこちらのコラムから ↓

 

【全9種】支笏湖の遊び・体験・アクティビティを徹底解説!

 

また、ガイド付きのカヌーツアーに参加すると、支笏湖をより一層支笏湖楽しむことが出来ます。

 

ツアーは予約枠に空きがあれば、当日予約も可能です!

 

私たちの為の旅。 とっておきの時間。 プライベートカヌー

 

プライベート対応のプログラム。

 

ツアーのテーマは「とっておきの時間」。

 

 

より手厚くサポートの可能なガイド同乗でのご案内の他、カヌーそのものを楽しみたい場合は、2名/1組ゲストで1艇のカヌーに乗っていただき、ガイドは別のカヌーでご案内するスタイルも可能です!

 

 

美しい水のストーリー ネイチャークルージング

 

ネイチャークルージングは、ガイド同乗の大型のツインカヌーに複数組で乗艇し、のんびりと水に触れ、自然を知り、美しい水のストーリーを体感するプログラムとなります。

 

 

「自然の事をじっくり感じたい」「素敵な写真を撮りたい」

 

といった方には特にお勧めのプログラムです!

 

初夏の支笏湖を楽しむ!


【2016年6月22日撮影】

 

支笏湖の6月についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

 

6月の支笏湖は、葉っぱも茂り、気温も上がりはじめ、生き物たちが活発になる季節。

 

どことなく私たちもウキウキし始めてしまうのもこの季節なのではないでしょうか?

 

そんなおススメの季節に、国立公園支笏湖の自然をぜひとも楽しんでいただきたいところです。

 

楽しい北海道旅行の参考にどうぞ!

 

月別の支笏湖情報の詳細はこちら!


【春】 4月 5月      
【夏】 6月 7月 8月 9月  
【秋】 10月 11月      
【冬】 12月 1月 2月 3月  

 

支笏湖 観光情報! かのあ 現地コラム