トピックス

海鮮を堪能する札幌 場外市場!支笏湖在住ガイドが徹底解説!

掲載日:2024.04.22

 

みなさん、こんにちは!

 

新千歳空港から車で40分の国立公園支笏湖でカヌーツアーを一年中行っている支笏ガイドハウスかのあです!

 

さてさて、北海道観光は何をしようか…お悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

北海道の大自然、おいしい食の数々、ステキなホテル、と北海道旅行を楽しいものにするのに調べなきゃいけないことがたくさんあります。

 

今回は、「札幌 場外市場」を支笏湖在住 ガイドが取材してきました!

 

楽しい北海道旅行のご参考にどうぞ!

北海道と言えば海鮮丼!


 

さっそく場外市場のハイライト、海鮮丼の紹介です!

 

今回は「北のグルメ亭」さんにお邪魔しました!

 

所在地 :〒060-0011 北海道札幌市中央区北11条西22丁目4−1

T E L  :0120-004-070

定休日 :年末年始のみ

営業時間:

[海鮮市場 北のグルメ]
6:00~17:00 (5/1~10/31)・ 7:00~16:00 (11/1~4/30)
[海鮮食堂 北のグルメ亭]
7:00〜15:00(L.O.14:30)

席  数: 320席

 


 

 

有名人や芸能人の写真がたくさんありました。

 

 

店内は広く、席がたくさんあるのでお昼時でも並ぶというのはなかなか発生しないではないかと思います。

 

メニュー


 

メニューは、海鮮丼はもちろんのこと

 

 

一品料理のバリエーションも豊富です。

 

 

今回は、悩みに悩んで「おすすめ丼」を注文しました!

 

おすすめ丼が着丼!


【おすすめ丼(価格:2,000円)】

 

お昼時を外した11:00頃だったので5~10分程度で海鮮丼の到着です!

 

 

ネタは本マグロが変更になっていて

  • ネギトロ
  • いくら
  • 甘エビ(4)
  • たこ
  • たらこ
  • ホタテ
  • サクラマス
  • タラバガニ
  • イカ

と大満足のバリエーションです。

 

お米は、酢飯ではなく白米で、丼底には鮭フレークが隠れていました。

 

 

量としては成人男性が満足できる量ですが満腹まで食べたかったら、一品料理も併せて注文するのがいいかもしれませんね。

場外市場でお寿司も!


 

続いてお寿司も紹介します!

 

「寿司処 菊水」さんにお邪魔しました!

 

所在地 :〒060-0011 北海道札幌市中央区北11条西23丁目1−1

T E L  :0116-44-1350

定休日 :日曜日(祭日は営業)

営業時間:10:00 ~ 22:00 水曜日、祭日、15:00まで

席  数: 48席

 


 

 

店内は、カウンター席と小上がりが。

 

今回は、一人だったのでカウンター席へ。

 

メニュー


 

メニューはお寿司を中心におつまみ系もあります。

 

そして今回のお目当て、ランチタイムのみ注文できるお寿司を発見!

 

 

生寿司大盛を注文です。

 

注文をしたら目の前で、大将が手際よく握ってくれる姿を見ることができます。

 

生寿司大盛が来ました!


【生寿司大盛(価格:1,200円)】

 

どーんと登場生寿司大盛。

 

握り12種類と巻物1本となかなかのボリュームです。

 

握りはその日によってネタが変わるとのことでした。

 

 

お吸い物ついてきます。

 

 

このボリュームで破格の1,200円というコスパ抜群のお寿司です。

 

何より目の前で握ってくれる姿を観てから食べるお寿司は格別ですね!

札幌 場外市場の基本情報とアクセス


 

続いて札幌 場外市場の基本情報をお伝えします。

 

札幌 場外市場は、札幌市中央区にあります。

 

 

所在地 :〒060-0011 北海道札幌市中央区北11条西21丁目

電  話:011-621-7044

定休日 :店舗による

アクセス


 

札幌場外市場は、地下鉄東西線「二十四軒駅」5番出口から徒歩8分程度。

 

札幌 場外市場をぶらぶら歩くのも楽しい!


 

札幌 場外市場は、エリアとしてなかなか広いスポットです。

 

そして中通など探検気分で歩ける場所があり、時間を忘れていろいろと見て回りたくなってしまいます。

 

 

お店が朝早くから開いているので、ホテルから観光に動き出した1か所目に場外市場に行くのがおススメです!

海鮮のおいしそうなお店がたくさん!!


海鮮を食べることが出来るお店は、それはそれはたくさんあります!

 


 


 


 

 

場外市場で少し離れた場所にありますが札幌朝一というスポットも。

 


 

 

今回の取材は10:00頃に赴きましたが、ちらほらもう店じまいをしているお店がありました。

 

やはり市場の朝は早いですね。

 

さっぽろ朝一には、2件の海鮮を食べることが出来るお店も。

 


 

ざっとですが札幌 場外市場とさっぽろ朝一のお店をご紹介しました。

 

どのお店も、中央卸売市場からの海鮮なのでおいしいのは当たり前!

 

後はどのお店にあなたが導かれるか、インスピレーションで最後は決めましょう!

お土産も!


 

お土産としては市場なので、カニなどの海鮮がメインです。

 

もちろん生きているのもいて、ちょこちょこ動いておりました。

 

 

購入後はもちろん持って帰るのではなく、郵送です。

 

自宅に送ったり、ご両親に送ったり、お友達に送ったり。

 

楽しい旅行にあなると、お土産をたくさん買いたくなる現象ってありますよね。

 

また、海鮮以外にも北海道の野菜や果物を取り扱っているお店があります。

 

 

野菜や果物にも旬がありますので、旅行している時期に合わせてその時期の旬を選びましょう!

 

こっそり情報ですが、いろいろと取材でお店を回っていて非常に貴重な情報を耳にしました。

 

詳細に関してはここでは「秘密」ですが、お土産を購入するのであれば「石村商店」さんがおススメです。

 

 

なぜ「秘密」かは、ぜひとも直接足を運び店主の方に聞いていただきたいと思います。

 


 

この情報はヒミツですよ。

 

ぜひ、じっくりと悩んでステキなお土産を購入しましょう!

札幌 場外市場に寄る前後におすすめのアクティビティ!


新千歳空港に降り立ってから支笏湖に寄ってさ札幌観光に行く、または最終日に札幌観光を終えてから支笏湖に立ち寄り、新千歳空港に向かう。

 

初日でも最終日でも支笏湖に立ち寄り、アクティビティに参加すると、北海道旅行の思い出がより豊かに!

 

ツアー定員には限りがあるので、お早めの予約がおススメです!

春~秋のアクティビティ


私たちの為の旅。 とっておきの時間。 プライベートカヌー

 

プライベート対応のプログラム。

 

ツアーのテーマは「とっておきの時間」。

 

 

より手厚くサポートの可能なガイド同乗でのご案内の他、カヌーそのものを楽しみたい場合は、2名/1組ゲストで1艇のカヌーに乗っていただき、ガイドは別のカヌーでご案内するスタイルも可能です!

 

 

美しい水のストーリー ネイチャークルージング

 

ネイチャークルージングは、ガイド同乗の大型のツインカヌーに複数組で乗艇し、のんびりと水に触れ、自然を知り、美しい水のストーリーを体感するプログラムとなります。

 

 

「自然の事をじっくり感じたい」「素敵な写真を撮りたい」

 

といった方には特にお勧めのプログラムです!

 

冬のアクティビティ


冬のとっておきへ 支笏湖 プライベート トレッキング

 

支笏湖プライベートトレッキングは、ガイドが1名専属で付くプライベートツアー。

 

自分たちのぺ―スで、北海道の冬を存分に満喫しましょう。

 

 

行き先は「楓沢 苔の回廊」「美笛 巨木の森」「氷瀑」の3パターンからご希望のルートをご選択いただけます。

 

観光で色々な場所を回るのではなく、一つの場所に腰を据えてじっくりと、時間に追われることなくのんびりと冬の支笏湖をお楽しみください。

 

 

日本最北の不凍湖カヌーツアー ウィンタークルージング

 

日本最北の凍らない湖「支笏湖」。

 

冬になると木の葉は落ち、雪が積もればあたりは真っ白。

 

外気温は氷点下で風は強まり、厳しい自然環境とも言えます。

 

 

そんな環境ならではの景色に出会えるのがこの時期の面白さ。

 

「寒い!!」という印象を受ける冬の湖ですが、生き物やその痕跡を探したり、氷を撮影したりと冬ならではの遊び方をガイドがご案内。

 

北海道の海鮮の破壊力をぜひ!


 

札幌 場外市場はいかがだったでしょうか?

 

海鮮は、ぜひとも北海道旅行の際には食べていただきたい北海道を代表するグルメです。

 

今回紹介した札幌 場外市場は、札幌地下鉄東西線沿いのスポットなので白い恋人パークや円山動物園、北海道神宮などと合わせた旅程が組みやすいスポットとなります。

 

札幌の新定番、白い恋人パークの楽しみ方と魅力を徹底紹介!

 

動物たちに会いにいく!円山動物園を道産子ガイドが徹底紹介!

 

支笏湖在住ガイドがご案内する北海道神宮での”静”の時間

 

楽しい北海道旅行のご参考にどうぞ!

支笏湖 観光情報! かのあ 現地コラム