トピックス

真駒内滝野霊園で33体のモアイ像と大きな大仏に会いに

掲載日:2024.04.11

 

みなさん、こんにちは!

 

新千歳空港から車で40分の国立公園支笏湖でカヌーツアーを一年中行っている支笏ガイドハウスかのあです!

 

正直悩みました。

 

果たして霊園を紹介してよいものなのだろうか。

 

真駒内滝野霊園が「墓地としての機能だけでなく、お墓参りと同時に、緑の中での散歩、休息等のレクリエーション機能を持つ公園の要素も」ということなのでおススメしちゃいます!

 

今回のコラムでは、支笏湖から札幌に向かう途中にある真駒内滝野霊園を支笏湖在住ガイドがご紹介します!

真駒内滝野霊園の基本情報とアクセス


 

まずは「真駒内滝野霊園」の基本情報からお伝えします。

 

真駒内滝野霊園は、札幌南区にあります。

 

支笏湖と札幌市街の中間地点として立ち寄りやすい立地です。

 


 

所在地 :〒005-0862 北海道札幌市南区滝野2

電話:0115921223

定休日 :なし

開門時間:

4月~10月 7:00~19:00

11月~3月 7:00~18:00

頭大仏殿・頭大仏御廟:

4月~10月 9:00~16:00

11月~3月 10:00~15:00

 

アクセス


 

真駒内滝野霊園へは、地下鉄真駒内駅から路線バスが出ています。

 

乗車は地下鉄真駒内駅前の路線バス②番のりばです。

 

引用:真駒内滝野霊園

 

車で向かった場合、支笏湖から向かったらおよそ40分程度の距離感。

 

 

車で真駒内滝野霊園に到着したらまずは正門を通過します。

 

引用:真駒内滝野霊園

駐車場


引用:真駒内滝野霊園

 

駐車場は管理事務所前にある無料駐車場と頭大仏殿に近い有料駐車場の2つがあります。

 

有料駐車場の清算は、自動精算機です。

 

 

モアイ像とストーンヘッジ


 

正門を通過すると向かって左側に目に入ってくる圧巻のモアイ像の面々が鎮座しています!

 

引用:真駒内滝野霊園

 

 

20世紀最大のミステリー、イースター島のモアイ像。

 

イースター島は、チリ領の太平洋上に位置します。

 

人が住む最寄な島まで約2,000km、南アメリカ大陸のチリまで約3,800kmと、支笏ガイドハウスかのあ店舗からは直線距離で13,527kmの場所にあるまさに絶海の孤島。

 


 

日本からイースター島に遊びに行くには、タヒチ経由、もう一つはチリの首都サンティアゴ経由で向かう以外ありません。

 

おいそれと遊びに行くことができない場所ですね。

 

しかし、真駒内滝野霊園であればその気になればモアイ像に会いに行くことが可能です。

 

 

モアイの『モ』には未来『アイ』には生きるという意味があるそうです。

 

 

大きいものは高さ9.5m重さ120t。

 

真駒内滝野霊園では、生きた証を後世へ永遠に伝承できるように、という思いでモアイ像が建てられました。

 

大きなものを見たときに言葉にならない何かを感じたことを、みなさま経験があるのではないでしょうか?

 

まさにこれだけの数の巨大なモアイ像を目の前にしたときは圧巻で言葉になりませんでした。

 

正確に数えたわけではないのですが、NO.33までカウントされているということは33体のモアイ像がここには存在しているのでしょう。

ストーンヘッジ


 

モアイ像だけではありません。

 

なんと、イギリス南部ソールズベリーの平野にあるストーンヘンジまでもがここ真駒内滝野霊園に。

 

引用:真駒内滝野霊園

 

イギリス南部ソールズベリーの平野にあるストーンヘンジは、支笏ガイドハウスかのあ店舗からは直線距離で8,832 kmの場所にあります。

 

 

これまたおいそれと遊びに行くことができない場所です。

 

しかし、真駒内滝野霊園であればその気になればストーンヘッジに会いに行くことが可能です。

 

 

ストーンヘンジが何のために作られたのか?

 

いまだ明確な理由は見つかっておらず、太陽崇拝に関係するという説や埋葬場所という説、祭祀場説、天文台説、王の墳墓説、果てはUFOの発着場説までと諸説があり、そこにはいまだロマンしかありません。

 

 

真駒内滝野霊園では、大地・自然・空に接する神聖な場所に生きた証を残し、後世の人々へ未来の希望を与えられるようにという思いで建築され、永代供養墓を併設しています。

 

イースター島のモアイ像、そしてイギリス南部ソールズベリーの平野にあるストーンヘンジ、その両方を一度に合うことができるのがここ真駒内滝野霊園なのです。

頭大仏殿


 

引用:真駒内滝野霊園

 

世界のミステリーだけではありません。

 

日本国内の代表的な大仏は、奈良県の東大寺にある盧遮那仏や神奈川県の高徳院の鎌倉大仏など日本各地に点在しています。

 

真駒内滝野霊園にも頭大仏殿という巨大な大仏が。

 

高さ13.5m総重量1,500tの石像大仏です。

拝観料


 

参道に向かって真っすぐ歩いて行った左側。

 

参拝料を支払うことができる自動精算機があります。

 

 

親切丁寧な支払方法の看板も。

 

 

なんとキャッシュレス対応で、参拝料をクレジットカードで支払いが可能となります。

参道を抜けた先に鎮座する頭大仏殿


 

参拝料を支払い、そのまま歩を進めていくと天井までがコンクリートで作られた参道が。

 

そして参道を抜けると頭大仏殿の姿が。

 

 

頭大仏殿の上には屋根はなく、冬には頭の上に白い雪が降り積もります。

おみくじや絵馬、お線香


 

頭大仏殿の周辺にはおみくじや絵馬などが。

 

今の時代らしくQR決済でお支払いが可能です。

 

 

参道前にはお線香をたく香炉も。

 

 

こちらもQR決済でお線香の購入が可能です。

 

非常にスマートですね。

 

ロタンダ カフェ&ストアでコーヒーブレイクも


 

 

また、頭大仏殿の参道前左手にカフェも併設されています。

 

 

引用:真駒内滝野霊園

 

コンクリート造りのスタイリッシュな建物です。

 

 

ケーキやどら焼きといったスイーツとコーヒーなどとドリンクを頂けます。

 

 

参拝した後にホッと一息つくのもいいですね。

物販


 

カフェでは物販もありました。

 

大仏に近づける?ニット帽や御朱印帳。

 

御朱印帳はなぜなのでしょう。

 

なぜかほしくなってしまう魔力があります。

 

 

一番気になったのが頭大仏殿クリアファイル。

 

何の書類を入れたらいいかは全くわかりませんが、一番心がくすぐられました。

 

 

旅の記念に購入するのもいいかもしれません。

管理事務所内にはレストランやテイクアウト、物販が


 

管理事務所内にレストランやテイクアウト、物販販売などもあります。

 

引用:真駒内滝野霊園

 

 

モイくんというキャラクター商品はおそらくここ真駒内滝野霊園でないと購入することができないでしょう。

 

 

なかなかの品ぞろえです。

 

テイクアウトではソフトクリームなども頂けます。

 

 

参拝して一息つくのもいいですね。

真駒内滝野霊園に寄る前後におすすめのアクティビティ!


新千歳空港に降り立ってから支笏湖に寄って真駒内滝野霊園に立ち寄り札幌へ、または最終日に真駒内滝野霊園に寄ってから支笏湖に立ち寄り、新千歳空港に向かう。

 

初日でも最終日でも支笏湖に立ち寄り、アクティビティに参加すると、北海道旅行の思い出がより豊かになります!

 

ツアー定員には限りがあるので、お早めの予約がおススメです!

春~秋のアクティビティ


私たちの為の旅。 とっておきの時間。 プライベートカヌー

 

プライベート対応のプログラム。

 

ツアーのテーマは「とっておきの時間」。

 

 

より手厚くサポートの可能なガイド同乗でのご案内の他、カヌーそのものを楽しみたい場合は、2名/1組ゲストで1艇のカヌーに乗っていただき、ガイドは別のカヌーでご案内するスタイルも可能です!

 

 

美しい水のストーリー ネイチャークルージング

 

ネイチャークルージングは、ガイド同乗の大型のツインカヌーに複数組で乗艇し、のんびりと水に触れ、自然を知り、美しい水のストーリーを体感するプログラムとなります。

 

 

「自然の事をじっくり感じたい」「素敵な写真を撮りたい」

 

といった方には特にお勧めのプログラムです!

 

冬のアクティビティ


冬のとっておきへ 支笏湖 プライベート トレッキング

 

支笏湖プライベートトレッキングは、ガイドが1名専属で付くプライベートツアー。

 

自分たちのぺ―スで、北海道の冬を存分に満喫しましょう。

 

 

行き先は「楓沢 苔の回廊」「美笛 巨木の森」「氷瀑」の3パターンからご希望のルートをご選択いただけます。

 

観光で色々な場所を回るのではなく、一つの場所に腰を据えてじっくりと、時間に追われることなくのんびりと冬の支笏湖をお楽しみください。

 

 

日本最北の不凍湖カヌーツアー ウィンタークルージング

 

日本最北の凍らない湖「支笏湖」。

 

冬になると木の葉は落ち、雪が積もればあたりは真っ白。

 

外気温は氷点下で風は強まり、厳しい自然環境とも言えます。

 

 

そんな環境ならではの景色に出会えるのがこの時期の面白さ。

 

「寒い!!」という印象を受ける冬の湖ですが、生き物やその痕跡を探したり、氷を撮影したりと冬ならではの遊び方をガイドがご案内。

 

驚きと圧倒のモアイ像と頭大仏殿を!


 

真駒内滝野霊園はいかがだったでしょうか?

 

今回の取材でモアイ像と頭大仏殿には完全に圧倒されました。

 

今回その感覚を言葉しようと頑張りましたが、これがなかなか難しく、やはり実際に目の前に行くからこそ実感できるものであり、これこそが旅行の醍醐味なのではないかという結論に至りました。

 

それは圧倒的な北海道の大自然もしかりですね。

 

楽しい北海道旅行のご参考にどうぞ!

支笏湖 観光情報! かのあ 現地コラム