トピックス

千歳支笏湖氷濤まつり2024 制作秘話Vol3

掲載日:2023.12.13

こんにちは。氷濤まつり会場制作副部長の松澤です。

ここでは氷濤を作る内部の人間しかしらない情報を色々とお伝えしていきます。

氷像「苔の洞門」始まりは松採取

 

11月中旬。支笏湖から出て例年ご協力いただいている間伐作業を行う林業関係の方のところへ。

 

実際の苔の洞門は支笏湖南側にあり、現在は土砂崩れの為閉鎖中。

 

 

既に復活しないことが決定しており、氷像からもこのネーミングをなくした方がいいのではという話も出ていますが今年も健在です。

 

氷像の作り方は単管で骨組みを作り、採取した松を貼り付け、外側から散水を実施する。

 

直接的に散水せずに外側に水を吹きかけることで多くの氷柱が残り不思議な空間を醸し出します。

 

この方法は現在の制作部長が考案したもので、前制作部長の時は張り付けた松に直接水を吹きかけていたそうです。

 

 

その方法だと松が氷の中に埋まり、氷像としては大きく作れますが細かな氷柱を大量に残す氷像を作ることはできなかったそうです。

 

 

文章だけでの説明は大変難しいのですが要するに見せ方も作り方も進化しているのが氷濤まつりだということです。

 

 

北海道内にも多くの氷のイベントがありますが、お互いに協力し合いながら支笏湖は支笏湖らしいイベントを継続できるよう頑張ります。

 

支笏湖をより楽しむおススメアクティビティ!

氷濤まつりの前後にアクティビティに参加すると、支笏湖をより楽しむことができます!

 

冬のとっておきへ 支笏湖 プライベート トレッキング

支笏湖プライベートトレッキングは、ガイドが1名専属で付くプライベートツアー。

自分たちのぺ―スで、北海道の冬を存分に満喫しましょう。

行き先は「楓沢 苔の回廊」「美笛 巨木の森」「氷瀑」の3パターンからご希望のルートをご選択いただけます。

観光で色々な場所を回るのではなく、一つの場所に腰を据えてじっくりと、時間に追われることなくのんびりと冬の支笏湖をお楽しみください。

 

日本最北の不凍湖カヌーツアー ウィンタークルージング

日本最北の凍らない湖「支笏湖」。

冬になると木の葉は落ち、雪が積もればあたりは真っ白。

外気温は氷点下で風は強まり、厳しい自然環境とも言えます。

そんな環境ならではの景色に出会えるのがこの時期の面白さ。

「寒い!!」という印象を受ける冬の湖ですが、生き物やその痕跡を探したり、氷を撮影したりと冬ならではの遊び方をガイドがご案内。

 

その他のオススメ記事はこちら!

支笏湖の天然温泉とサウナでリラックスタイム:おすすめ日帰り温泉を支笏湖在住ガイドが徹底解説!

支笏湖を楽しむアクティビティ特集!自然と遊ぶ魅力的な体験を支笏湖在住ガイドがご紹介!

支笏湖にあるおすすめランチを支笏湖在住ガイドが徹底解説!

第46回 支笏湖 氷濤まつり2024:冬の幻想的なイベントの見どころを制作スタッフが完全ガイド