春・夏・秋の賑やかな川辺とは打って変わって人気が一気になくなる冬の川。

そんな中でも水は常に流れ続け、

そこには冬にしか見ることのできない景色、

生き物との出会いがあります。

11月、12月はサケの遡上がまだまだ見られます。

年明け1月になると景色は一気に雪景色へ。

運が良ければオジロワシを見れたり、エゾシカが川を渡る姿がみられるかもしれません。

2月以降はサケの稚魚が川の中に現れ、

小さなサーモンウォッチングカヌーシーズンが訪れます。

思いっきり暖かい服装でぜひご参加ください。



■■ウィンターシーズン■■







■■グリーンシーズン■■

















服  装
帽 子

頭を温めるための絶対必要品
アウター上下

冬用の上下のアウター。
スキーウェアで問題ありません。
ベースレイヤー

ウェアの1番内側には「保温性」と「吸水性」の高い、素材のもの着用ください。
■patagonia アンダーウェア■
■finetrack ベースレイヤー■
■ユニクロ ヒートテック■
インナー

アンダーウェアの上に薄手の薄フリース・中厚手のフリース等を着ましょう。
分厚いフリース1枚ですと暑かったり寒かった時の調整ができません。厚いフリース1枚より、薄目のものの重ね着がオススメです
ブーツ

暖かい靴下と冬用の防寒靴でお越し下さい。
■KEEN■ ■SOREL■ ■DANNER■
手袋

水の上での活動となりますので水ハネ等で多少濡れることがあります。毛糸のものですと濡れた際に凍り体温を下げることにもつながりますので、基本的には防水性のあるスキーグローブのようなものが理想です。

※その他ネックウォーマー・カイロ等の防寒対策を各自でご用意ください。

 
【ツアー詳細】

  ■期 間 11月1日〜3月31日 

  ■時 間 9:00〜12:00

  ■料 金 お一人様7,500円
(お一人参加は8,500円)
      (道具レンタル・傷害保険・消費税含みます)

  ■対 象 中学生以上
  ■定 員 4名
 
 ■集合場所 千歳市スポーツセンター駐車場



ツアーへのこだわり
【冬の千歳川カヌーツアー】

@使用艇はオールドタウントリッパー。安定感のある大型カヌーを使用します。

Aガイド同乗と水温対策としてのドライスーツをお貸しすることでの安心プラン。

B冬の水辺はまさに野生動物との出会いの場!!

冬になると多くのカンパニーは雪のプログラムを実施します。

そんな中でもお構いなく“かのあ”はやっぱりカヌープログラム。

冬しか見れない素晴らしい景色を求めて是非水の上へ。

by かのあ


Copyright(C)Shikotsu Guide House CANOA