支笏洞爺国立公園内に位置する「支笏湖」

北海道の玄関「新千歳空港」から最も近い国立公園となり、

その距離、車で40分というアクセスの良さから

「北海道の大自然の玄関」ともされ、年間数多くの方が

北海道観光のスタートの地とし、このフィールドを訪れます。

支笏湖は火山活動が活発なフィールドで

周囲の山からは噴煙があがり、火山活動でできた美しい景観や、

温泉が私たちに恩恵を与えてくれる火山と共存する地区です。

そしてこの湖のポイントは何といっても「支笏湖ブルー」と呼ばれるクリアな美しい水。

現在環境省の測定により「10年連続水質日本一」の湖と認定を受けており

その透明度は国内トップクラス。

そんな透明度抜群の素晴らしい水の上をカヌーで進み、

北海道の四季を、火山の景観を、心の安らぎを

感じていただくプログラムとなっております。

途中、このフィールドの素晴らしさをさらに感じていただくため

SotoCafeと題した「ほっと一息」できる休憩時間も用意しております。

カヌーからの視点とSotoCafe休憩で素敵な時間を過ごしませんか?


服  装
帽   子

水の上は日影がないので帽子は必需品。
速乾ズボン

濡れても大丈夫なズボンでお越しください。
速乾シャツ

すぐ乾く速乾性のあるシャツをお勧めします。
長   袖

防寒・日よけ・虫よけ支笏湖の必需品
足元
かかとが固定できる濡れてもよい靴or秋口は長靴でもOK。
雨具
■雨具があれば雨でも楽しく過ごせます。
持ち物
タオル
あると何かと便利です。
着替え
あれば安心。
濡れた時の予備。
カメラ
思い出を形に!
(落とさないでね!)
飲み物

野外活動では水分補給が大切です。


■有料レンタル品■
各500円


モンベル キャニオンサンダル
「旅行中のため靴を汚したくない」 「替えの靴を持っていけない」等の場合は
モンベル社キャニオンサンダルのレンタルが可能です。

サイズ18cm〜29cm



モンベル フィッシングハット
野外活動では帽子は必需品。
陽射しが強い日や雨の日にも大変役立ちます。
顎紐があるので風が吹いている際にも安心。

サイズ ジュニア・S・M・L


シールライン 防水スマホケース
使用いただくと、水にぬれる心配がなくなるのと、首掛けストラップがついているので落とすリスクも解消できます。支笏湖は最大水深363mの湖。防水性があっても落とすととることができません。

 
【ツアー詳細】

  ■期 間 2018年3月14日〜10月15日
 

  ■時 間 9:30〜12:00 / 13:30〜16:00 (約2時間半)

  ■料 金 大人7,500円(小学生4,000円)
      (道具レンタル・傷害保険・消費税含みます)

  ■対 象 6歳以上

  ■定 員 10名

  ■集合場所 SHOPかのあ 

※支笏湖公共駐車場は普通車410円の駐車料金が別途発生しますので各自ご負担ください。【自然公園財団支笏湖支部webサイト

※当ツアーでは手作りのお菓子をお出ししております。アレルギー等のある方は予約時に申し付けください。

@開始10分前に店舗集合。
受付終了後スタート地点まで
歩いて移動します。


A現地到着!
漕ぎ方等の説明を行い、
パドル等をお渡しします。

Bいざ出発!!
自分たちの力で
漕いでいただきます。

E心休まったら
スタート地点に戻り
集合場所へ戻ります!
D陸に上がって休憩・・・
Soto Cafe の始まり!!
心休まる時間を提供します。

C水の中を観察したり
風景を楽しんだり
漕ぐことを楽しんだり・・・

※クリックすると拡大表示されます



ツアーへのこだわり
【Soto Cafe カヌーツアー】
@人と自然をつなぐプログラム。
住んでいるところが都会であろうと、田舎であろうと、北海道の方であろうと、本州の方であろうと
自然の中で暮らしていることには変わりありません。人と自然は共存しています。
そんなことを感じるきっかけとなるプログラムとなっています。

B「知る」から「体感する」へ
情報を知るということは現代では簡単に行うことができます。
インターネットを開けば莫大な量の情報が詰まっており、知りたい情報へすぐにたどり着くことができます。
カヌーで野外に出ることは「知る」ではなく「体感する」「感じる」ことに趣を置いています。
ガイディングでは「数多くの情報を話す」のではなく、
数は少なくとも「心に残る【感じる】」という感覚を大切にしています。

Bフィールドの役割
支笏湖は、はじめに記載した通り、「北海道の自然の玄関」です。
自然にしても、文化にしても、北海道学や北海道旅行のベーシックを知ってもらう
プログラムでありフィールドでありたいと思っています。


by かのあ


Copyright(C)Shikotsu Guide House CANOA