川旅100景への想い】

カヌーに乗って色々な川を旅してみませんか?

川旅には素敵な人生を送るための様々なヒントが散りばめられているような気がします。

旅の始まりは自身と向き合うことから始まります。

カヌーという限られた空間。

最低限何があったらいいのか。自分が旅の間に必要なものは何なのか。

ただただ荷物を減らすのではなく、

好きな道具を選ぶのです。

そんな選び抜いたお気に入りの道具とともに旅が始まります。

限られた道具で旅立つ先はまだ見ぬ広い世界。


色々な川を旅し、色々な景色を見ながら、自然と対話し、自分自身と対話する。

朝起きてテント越しに入る太陽の光を感じ、

川の水で顔を洗い、火を起こし、一日が始まる。

準備ができたら水の上にカヌーを浮かべ

景色の移り変わり、季節の移り変わりを流れるカヌーの上で身体いっぱいに感じ、

1日の終わりは大らかな気持ちで河原から沈む太陽を眺める。

様々な川の、様々な河原でシンプルな旅をしませんか?

それぞれの Canoe is Life へ。




■■グリーンシーズン■■





















 予定している2018年のイベント予定一覧です。

 リピーターイベント1DAY夏漕祭 (上級者)
 
THEBOON沙流川

はじめて下ったのは何年前だっただろうか。いつもそこには記憶に残る思い出が(笑)
流れの早い区間となる為リピーター限定のイベントとさせていただきます。
テクニカルを楽しむ1DAYダウンリバー。

 開催日: 7月14日(土)

 参加費: ソロ16,000円(レンタル艇17,500円)
      タンデム21,000円(レンタル艇23,000円)

 集 合: 沙流川幌毛志橋左岸
 ガイド: 松澤・安部

※基本的にカヌー塾流水編受講者向けとなります。その他の参加希望はお問い合わせください。



 リスクマネジメントを考える1DAY講習 (初級者・中級者)
 
レスキューミーティングBASIC

カヌーの際に持っていかなければいけない装備は?カヌーにつけておくべき物は?
天気予報を見るのは重要?ライフジャケットってホントに浮くの?等々自分たちで
カヌーに乗る際に必要な「パドリング」以外の技術や知識を体験していただき、
安全にカヌーに乗るための講習会となります。

 開催日: 8月4日(土)
 参加費: お一人様 14,000円
 集 合: ショップかのあ
 ガイド: 松澤


 広い空、そびえる山々、旅する河川 (中級者)
 
十勝川カヌー&キャンプ1泊2日 

 
一昨年の台風10号の影響もあり、たくさんの倒木が川のあちこちに点在し、その爪痕を垣間見える十勝川。素晴らしき山々に囲まれたこの川は、北海道を代表する旅する川。
「テント寝袋鍋釜食器」生活のすべてをカヌーに積みこんで川旅へ。

 開催日: 9月8日(土)〜9日(日)

 参加費: お一人 25,000円 ※テント等レンタル可能(別料金)
 集 合: 十勝川温泉付近
 ガイド: 松澤・安部

 ※安全に川を下るためにも、景色をより楽しむためにも初めての方は先にカヌー塾を受講されることをお勧めいたします。





 札幌から最も近いキャンプ河川 (初級者)
 
鵡川カヌー&キャンプ1泊2日

 
札幌から近く、カナディアンカヌーの醍醐味キャンプツーリングを楽しめる鵡川。9月末からはポツラポツラ紅葉を始める周囲の森たちを眺めながらのんびりツーリング。
キャンプ道具のレンタルも行いますのでお気軽にご参加ください。

 開催日: 9月29日(土)〜30日(日)
 参加費: お一人様 25,000円 ※テント等レンタル可能(別料金)

集 合:川東頭首工
ガイド松澤・竹原





 
■カヌー&キャンプ持ち物一覧■

 【ウェア関連】
 基本の服装 速乾性に優れた衣類。水辺での活動に、ジーンズ、綿は不向きです。
 防寒着   フリースや薄手のダウン。焚火で穴が開く可能性があるのでご注意を。
 カヌー用靴 ウォーターシューズ・かかとの固定できるサンダル。
 陸用靴   キャンプ地での履物(サンダル、スニーカー、コンパクトレインブーツ等)
 雨 具   しっかりと防水性のある上下セパレートタイプの物。
 帽 子   ハット、キャップ、バンダナ等
 着替え   下着、ズボン、シャツ、タオル、靴下など

 【キャンプ関連】
 テント   できるだけシンプルなものをお勧めします。
 シュラフ  季節に合わせてですが、基本的に夏用ではなく3シーズン。
 マット   折り畳みマット、エアマット等
 食 器   箸、スプーン、皿、お椀、コップなど。コッヘルでもOK。
 ヘッドライト 夜の活動の必需品。
 個人用魔法瓶 お茶などを入れて夜に飲んだり、日中持ち歩いたり、あると何かと便利です。
 ナイフ もしあれば
 ファーストエイドキッド 救急用品も各自で持つ意識を。
 ライター 荷物にそっと忍ばせておいてください。

【その他】保険証・行動食・各自嗜好品・眼鏡バンドなど。



必要な道具はかのあで事前購入も可能です。早めにご相談ください。

   

 

   

  

  
Copyright(C)Shikotsu Guide House CANOA