■■グリーンシーズン■■












■■11月〜4月■■






【総括】
 2014年から始まったイベントツアー。
リバートリップキャメルに協力していただき初年度は、千歳川、余市川、天塩川と道内河川のイベントツアーを行いました。

イベント初年度ということで小さくまとまったツアーが多く来年は「どかーん」と一発大きめのイベントをしたいね。なんて話で終わった2014年。

それを引き継いだ2015年。イベント自体は中々行えず支笏湖のイベント「湖の日」と美々川のツアーの2本となりましたが
昨年の目標であった「どかーん」としたイベントを美々川で行え、過去最大の20名越えで川下りを行いました。

2015年は「イベント数をもう少し増やしたい」「道外進出」「鵡川でツアーをしたい」という3本の思いを残し2016へ。

イベント実施数9本、本州遠征、鵡川でのツアー。
とりあえず思った形では実施できました。


【春の尻別川カヌー塾】2016.4.2 / 4.10 / 4.13 / 4.22 / 5.22

雪深い4月初旬から周囲が色づきはじめる5月後半まで遠征カヌー塾ということで尻別川での1DAY講習を開催。

カヌーシーズンの始まりと、眠った体を起こすのと、しまい込んだ道具を掘り出すのと・・・。




初っ端の4月2日は雪がしっかり残っていてまだ本格増水前。




日によっては美しい羊蹄山を横目にダウンリバー。



最後の5月22日は暖かくドライスーツも無し。

春風の中軽快に漕ぎぬけるカヌー塾となりました。








【湖の日〜ハルランマン〜】2016.4.16支笏湖北西部周辺カヌー”





まだ周囲の山々には雪の残る支笏湖。

4月はべた凪の多い時期。イベント日も無風の中漕ぎだすことができました。




恵庭岳周辺は巨木が眠る絶景ポイント。




慣れ親しんだ顔ぶれでのんびり過ごした第一回湖の日でした。


【水旅人】 和歌山県熊野川 3泊4日カヌーキャンプ”2016.5.5〜5.8 川の国”熊野”山間を縫う4日間。






リバートリップキャメルと一緒に行うカヌーイベント「水旅人〜mizutabito〜」

今年は初めて道外での遠征ツアーを行いました。



ハイエースに3艇カヌーを積んで日本海フェリーで敦賀へ。そこから陸路で一晩かけて本州を縦断。

※個人的に遠征中はその土地その土地でラジオを聴きながら走るのが大好きな私です(笑)

山道を走り和歌山と三重の県境にてキャメルリョータ氏と合流。下見をしゲストと合流。



柑橘系は南紀の必需品なのでたくさん購入!!



毎日山の合間を縫うような川を進み、

広い河原で食事を食べ、

焚火を囲んで夜を過ごす。

そんな毎日。




進むにつれ海は近づき、周囲の雰囲気も水の色もどんどん変わる。




本州に出てカヌーをする。それは私たちにとっても特別なこと。

来年は・・・。今のところ全く何も決まっていませんが出たいという思いはあります。




【北海道エコ・動物自然専門学校 野外実習】 6月24-25日 鵡川1泊2日ツーリング”

かのあ松澤の母校の野外実習で鵡川での1泊2日ツーリング。
今回は春に入った1年生6名と先生1名。

先生は元ラフトガイドなので写真写りは完全にスタッフ(笑)



支笏からも札幌からも比較的近い鵡川。上流部は岩々しているが、

下流部に行くにつれて田園地帯となりのんびりモードへと変わるとてもいい川。




 まずはオリエンテーション、2日間のプログラムのスタート。

カヌーは初めてだし、学校入りたてだしガチガチな中のルール説明と水上レクチャー開始。

少し漕ぐと感覚を掴む子も現れ数時間後には水に飛び込み泳いでいました。

練習後はいざダウンリバー開始。




天気にも恵まれ広い空の下、流されながら進みます。




小さめの瀬もところどころにあり緩急あるコース。




瀬がひと段落したら薪拾いをしながら下ることに。



夕食準備。河原にて火をおこし、食材を切り、食べる。



あとはのんびりと・・・夜は更けていきました。

翌朝、近くの水辺へ。

スタッフ小濱の朝の水浴び(笑)





2日目も元気よく。ひと漕ぎするたびに、一歩前へ進むたびにそれぞれの心に余裕が生まれる。



キャンプが初めてという生徒もいましたので、それぞれの心に何かが残る2日間だったと思います。



【秋漕祭2016 in 鵡川】10月2日 鵡川中上流スプラッシュダウンリバー”

台風の影響で「夏漕祭」が行えず、10月の秋漕祭へ。

予定だった沙流川へは行けず鵡川にて実施。





春のキャンプツアーより上流の1DAY。

岩を避ける瀬もあればのんびりのトロ場もあり、ところどころでスポットプレイをしながら下りました。











タンデムサーフィン。

希望者には松澤カヌーのバウに乗ってサーフィンの感覚を順番に掴んでいただきました。


【湖炎祭〜koennsi〜2016】 火”と”音”のキャンプ。

かのあ企画としてははじめてのキャンプイベント。
地元のキャンプ場を貸し切って楽しく盛り上がりました。
写真も多くボリュームがあるので特設ページにて報告とします。



湖炎祭2016〜KOENSAI〜特設レポートページへ


過去のイベントレポートはこちらから。






Copyright(C)Shikotsu Guide House CANOA