【カヌーを使ってできる様々な可能性を創造し、それぞれの人生を充実したものに変化させる】

「支笏ガイドハウスかのあ」は北海道支笏湖を拠点に2010年から活動を始めたカヌーカンパニーです。
「本拠地支笏湖でのカヌーツアー」「道内外河川のカヌーツアー」「札幌秀岳荘カヌー購入者へのパドリング講習」
「アウトドアイベントへの参加」「カヌー講演」「アウトドアカフェ」などを通じて
たくさんの方にカヌーと接していただけるように活動しています。

上記にも記載している通り、私たちのミッションは

「それぞれの人生を充実したものに変化させる」というものです。

「カヌーは人を幸せにします!!」

カヌーと関わることで皆様の人生がより素敵なものに変化すると私たちは信じています。

是非カヌーの世界へ!!!




■■グリーンシーズン■■













■■ホワイトシーズン■■






当社では「日本セーフティカヌーイング連盟」「北海道アウトドアガイド資格」「メディックファーストエイド」等の様々な資格を根底に自分たちのフィールドで起こりうるリスクを事前に予測し回避できるよう、安全に関わる多様なシミュレーションを独自で行っております。





我々は「支笏湖地域」というとても小さなコミュニティの中で活動しており、「地域」「観光他業者」「消防」などと連携した等独自の救助システム、安全対策も準備しております。






ツアー担当ガイドは安全にツアーを実施することを心がけるのはもちろんの事、万が一の時に備えレスキュー機材、ファーストエイドキッドを所持し、全ガイドが救急法を取得しております。



松澤 直紀 Matsuzawa Naoki

【代表・カヌーガイド・千歳支笏湖氷濤まつり副製作部長(冬季)】


「カヌーガイド歴 14年」

 
〜資格等〜
 ・日本セーフティーカヌーイング協会公認インストラクターレベル1
 ・メディックファーストエイドベーシックプラス
 ・JSCA CPR(心肺蘇生法)&AED指導員
 
 〜プロフィール〜

北海道札幌市生まれ札幌育ち、札幌の高校卒業後、北海道エコ・コミュニケーション専門学校アウトドア学科カヌーコースに進学。
ニセコアウトドアセンター(尻別川)、屈斜路ガイドステーションわっか(釧路川)、洞爺ガイドセンター(洞爺湖)でカヌーガイドの勉強をし、その後沖縄県でシーカヤックガイドとして勤務。西表島(L.Bカヤックステーション)、渡嘉敷島(アイランズトリップ)でガイド業を行うも、「やっぱり北海道が好きだ!」ということを強く思い、翌年から北海道洞爺湖のカヌーガイドとして3シーズンを過ごす(洞爺ガイドセンター)。
冬季はカヌー業ではなく、ヒグマの解剖(北海道環境科学研究センター)や南富良野での犬ぞりスタッフ(アウトライダー)として働き、2010年支笏湖に移住「かのあ」を立ち上げる。
 2013年。日本のカナディアンカヌー販売業界のパイオニア「ビーバーカヌー」の小林氏よりパドル等の輸入事業を引き継がせていただき、小林氏立会の元、カヌーのルーツを勉強しに、アメリカ五大湖周辺からカナダにかけて視察。

カヌーのメーカー「オールドタウンカヌーカンパニー」、パドルメーカー「グレイアウルパドル」、世界唯一のカヌーの博物館「カナディアンカヌーミュージアム」等を巡り、自分たちが使う道具は、どんな環境で生まれ、どんな人が作っているのかを少しだけ知る。

 

 業界内では「屈斜路ガイドステーションわっか 木名瀬 裕 氏」「四万十塾 木村 とーる 氏」を師と仰ぎカヌーガイドの無限の可能性を日々追い求めている。

2014年支笏湖に念願の一軒家を購入。築30年の家を隣町の天才宮大工「ゲンカンパニー 村上 智彦 氏」と共にリノベーション。

その他冬期間は支笏湖地域のお祭り「千歳支笏湖氷濤(ひょうとう)まつり」の氷像製作も行い、
カヌー業界だけでなく自らが住む地元支笏湖地域もしっかり盛り上げるべく活動中。

2017年は「新たなフィールド開拓」をテーマに、支笏湖のツアーを精一杯行いながらカヌーの魅力を今まで以上に発信するべく他地域での活動にも力を入れていきたいと思っています。

  
■ かのあ松澤 Blog ■
 
■ かのあ松澤 Facebook ■


安部 怜 Abe Rei
【カヌーガイド、カフェ隊長、迷ブロガー】


「カヌーガイド歴 8年」

 
〜資格等〜
 ・日本セーフティーカヌーイング協会公認インストラクターレベル1
 ・上級救命講習
 ・メディックファーストエイドベーシックプラス
 ・日本漢字能力検定準2級
 ・食品衛生責任者

  〜プロフィール〜
東京都新宿区生まれ新宿育ち。15歳で書物の海を漂い、「カヌー」という名の島があることを知り、程なく水の上を漂い始める。16歳で憧れのバックパッ カーデビューを果たした南の島でカヌーガイドになることに決め、元々どこにいても浮いてはいたけれどさらに世間様との距離を開いていく。
 
その後、クモの研究に励み、葉山の海に学び、2008年春、南下するはずが「サミット」という未知なる言葉につられて真逆に北上。初の北海道入り、夢のカヌーガイドとなる。
当時洞爺湖にいた松澤に出会い、シングルパドルの奥深さを学ぶ。
その後は、新宿を拠点にアジアのあの街やらあちこちさまよう。
2011年、相棒を自転車からスーパーカブに進化させ北海道に再上陸し、かのあへ加入。
夏はカヌー、冬は南下、という浮き足だった暮らしを続けながら車より先にカヌーを手にいれ、松澤と道内外の水と戯れるうち、ふと、暮らしの中にこそ本物の 「旅」が潜んでいることに気付いたやいなや地に足をつけたくなり、カブから車に乗り換え、氷濤まつり制作陣に仲間入り。怒濤の二冬を越す。
今冬は2015年12月にオープンした「Cafeかのあ」の店長となり、元々好きだったコーヒーのことばかり考えている。

国内外に読者を持つ「おひねり制アナログ紙まちゅ★ぴちゅ」制作編集長。

 

  

■ 安部ブログ ■

堀内 章三 Horiuchi Shozo
【カヌーガイド 通称:世界のホーリー】


 
〜資格等〜
 ・メディックファーストエイドベーシックプラス

「カヌーガイド歴 4年」

 
〜プロフィール〜
 鹿児島県に生まれ高校時代にボート部に所属。オールを握る楽しさを知る。
その後当時ボート部で日本トップクラスだった宮城の大学へ進学。

大学卒業後は一般企業に就職し働く中で35歳で22人乗りの「ドラゴンボート」の世界へ。
オールからシングルパドルへと漕ぐ道具を変え、練習に没頭し世界選手権にも出場。

2005年 世界選手権(ドイツ・ベルリン) 出場
2006年 日本選手権 男女混合の部 優勝
2007年 日本選手権 男女混合の部 優勝
2007年 世界選手権(オーストラリア・シドニー) 出場
2008年 日本選手権 男女混合の部 優勝
2008年 アジア大会(マレーシア・ペナン) 出場

2009年にドラゴンボートの世界から離れるも、一般企業では満足できず、いつかパドルや船と関わる仕事をしたいと願う。
2014年かのあの存在を知り、勤務していた金融関係の一般企業会社を退職し、6月北海道来道しかのあに加入。

ドラゴンボートとは違った16フィートのカナディアンの世界に戸惑いながらも再びシングルパドルを操れる喜びを噛み締め日々進化中。
  

小濱 大典 Kohama Daisuke

【カヌーガイド・広報・千歳支笏湖氷濤まつり製作班(冬季)


「カヌーガイド歴 2年」
 
〜資格等〜
 ・日本セーフティーカヌーイング協会公認インストラクターレベル1
 ・OWDライセンス
 ・メディックファーストエイドベーシックプラス
 ・初級救命講習
 ・危険物取扱者免状乙4種
 ・計算技術検定2級
 ・柔道初段

 
〜プロフィール〜
 道産子の血を引き継ぐ群馬県産まれ。
専門学校卒業後京都で社会人となり、2012年ひょんなことから徳島県で体験したカヤック、ラフティングを通して自然の中で感じられる感動、楽しさに取りつかれる。
その後北海道から沖縄まで休みを利用してアウトドア体験を楽しむようになり、カナディアンカヌーとの出会いは「SOMOKUYA」でのウィンターカヌー。静けさ漂う北国の「雪景色」の中を進むカヌーに惚れ込み来道を決意。
 学生時代体操部だった運動神経とバランス感覚、持ち前の負けん気、を武器にかのあ1番の成長株。

 
 


日本キャンドル協会(JCA)認定 キャンドルアーティスト

岩崎 ふっくん 

【テイクアウトカフェ担当・事務・千歳支笏湖氷濤まつり製作班(冬季)


 
〜資格等〜
 ・メディックファーストエイドベーシックプラス
 ・日本キャンドル協会認定キャンドルアーティスト資格

 
〜プロフィール〜
 北海道栗山町出身。
学生卒業後は美容師を10年ほど行いキャンドルアーティストの道へ。
「かのあ」とは、代表松澤宅をリノベーションしてくれた隣町の天才宮大工「ゲンカンパニー 村上 智彦 氏が共通の知人だったためそこから出会う。
2015年支笏湖氷濤まつり時に「氷濤キャンドル」の制作を依頼して本格的にかのあに加入。

 冬季はスーパー肉体労働「氷濤まつり」の制作班となり、体力勝負の毎日を送りながら、地域一丸となって取り組むイベントの運営で地元の人脈をみるみる広げ中。
■ ふっくんキャンドルBlog ■



松澤 菜緒 Matsuzawa Nao 
【事務・ツアーサポート・千歳W森のようちえんWといとい代表】


 
〜資格等〜
 ・北海道アウトドアガイド資格制度認定自然ガイド
 ・上級救命講習
 ・メディックファーストエイドベーシックプラス
 ・保育士資格
 
 〜プロフィール〜
 北海道札幌市生まれ札幌育ち、幼い頃から自然が大好きで高校卒業後、自然ガイドを目指し専門学校へ入学、釧路川流域、然別湖、洞爺湖等で実習を行い学生卒業と同時に「北海道アウトドアガイド資格制度自然部門」の資格を取得。

卒業後釧路川でカヌーツアーを行う「屈斜路ガイドステーションわっか」にしばらく在籍し、ワーキングホリデーでニュージーランドへ。

かのあ一の多趣味スタッフで、消しゴムハンコ・製麺・お菓子作りは趣味レベルを超えている。
子供と自然を繋べく日々勉強を行いつつ、カヌーのルーツでもあるネイティブアメリカンや北海道の原住民アイヌ民族に興味を持つ三児の母。ベッキーメイソンのような女性らしいしなやかな漕ぎを研究中。
 2017年からはいよいよ「自然」と「子ども」をつなげるプロジェクト「自主保育型森のようちえん”といとい”」を仲間と共に立ち上げ、自然の中で自然に暮らす子育ての開始。


   
■森のようちえん といとい

  
スペシャル コラボレーター

リバートリップキャメル代表

辻 亮多 Tuji Ryouta 
【カヌーガイド】


~資格等〜
・北海道アウトドアガイド資格制度認定カヌーガイド
・上級救命講習


~プロフィール~
2014年から 道北・天塩川や朱鞠内湖をメインフィールドに道内外でカヌーツアーやドリフトボートを使ったフィッシングツアーを実施。
2011年カヌーガイド向けシングルパドルミーティングというイベントを共同で行ったことがきっかけで、共にフィールドに出る機会が増え、2014シーズンからは本格的に道内外河川でのコラボツアーイベント「水旅人~mizutabito~」を企画実施中。
 ■過去の水旅人■
2014年5月  北海道千歳川 1DAY
2014年6月  北海道余市川 1DAY
2014年10月 北海道天塩川 1DAY
2015年5月  北海道美々川 ファーストダウンリバー1DAY
2016年5月  三重県熊野川3泊4日 キャンプ&ツーリング


プライベートでも家族ぐるみで遊びに行くアウトドア仲間。
北海道のアウトドア業界は「キャメル」と「かのあ」で担う!!と勝手に意気込むここ最近。
2017年は四国仁淀川にて計画中。


■道北アウトドアPV■

■ River Trip CAMEL 公式HP ■
■ River Trip CAMEL BLOG ■
Copyright(C)Shikotsu Guide House CANOA