松澤 菜緒 Matsuzawa Nao 
【自主保育型森のようちえん”といとい”代表】


 
〜資格等〜
 ・北海道アウトドアガイド資格制度認定自然ガイド
 ・自然体験活動指導者(NEALリーダー)
 ・メディックファーストエイドチャイルドケアプラス
 ・保育士資格
 
 〜プロフィール〜
 北海道札幌市生まれ札幌育ち、幼い頃から自然が大好きで高校卒業後、自然ガイドを目指し「北海道エコ・コミュニケーション専門学校アウトドア学科へ入学、釧路川流域、然別湖、洞爺湖等でネイチャーガイドについて勉強をする。
卒業後「子どもと自然をつなぐ」事をテーマとし、自然を勉強するため北海道弟子屈町でカヌーツアーを行う「屈斜路ガイドステーションわっか」に入社、在籍中に「北海道アウトドアガイド資格制度自然ガイ」資格」を取得。

その後、ニュージーランドでの語学留学を経て、帰国後、洞爺湖でハーブガーデンに勤務。
湖まで歩いて30秒の素晴らしい住環境で暮らしながら今後の夢を・生き方を・考え方を膨らませるのと同時に「保育士」の勉強も始める。
2010年支笏湖へ移住。かのあ立ち上げ。
2011年第一子出産、初の子育てに苦戦しながらもかのあの予約受付や事務業務を行い、2013年に第二子・2016年には第三子を出産、子育てを行う中で、改めて原点である「子どもと自然をつなぐ」ということを意識する。


2017年千歳にて「自主保育型森のようちえん”といとい”」をスタート。

「子ども達に自然の中でたくさん遊んでほしい」 「身体と心を存分に使いたくさんの経験を積んでほしい」 「元気に心豊かに育ってほしい」
「友達、自然とのかかわりを通じて生きる力を身につけてほしい」 「子育てを一緒に楽しむ仲間がほしい」
「たくさんの子ども達の成長にかかわりたい」 「イライラと口うるさく言いたくない」 「のびのび子育てをしたい」
「大人も子どもも安心して自分らしく生きたい」 そんな想いから「といとい」は生まれました。



自然の中で過ごすことを特別なことではなく、日常の一コマとして、大人も子どもも共に育ちあいたい。
言いたいことがあっても時にはグッとこらえて見守り、時には気持ちにそっと寄り添い、時には距離を置き信じて待つ。
1人ではなかなかできなくとも「といとい」ではそんな時間が待っています。

雨の日も、雪の日も、風の日も、晴れの日も、その日にしかない発見に心躍らせ子どもたちの小さな成長を一緒に楽しめればうれしく思います。
■ 関連リンク ■

 
Copyright(C)Shikotsu Guide House CANOA